目黒の学童知識labo

知って得しよう!目黒の学童についての情報満載!

*

目黒の学童について考える

近年では、経済状況などの理由から子どもが幼いうちから共働きをしなければならないという家庭がどんどん増えてきているように感じています。そのため、保育園の利用や延長保育のため、保育園や学童などの施設が不足をしてきているようです。学校を終えてからの放課後の時間を学童で過ごしているという子どもも少なくありません。保護者の立場になって考えると、一人で自宅に留守番をしているよりは、安心することができると感じます。学校や学年も異なる子どもたちが一緒に過ごすため、子どもたちにとってはストレスを感じることもあると思っています。それらの対策や快適に過ごすことができる方法を考えながら、施設の運営をすることが大事だと考えます。目黒は交通の便も便利な地域で、多くの学童があるため、子どものことをしっかりと考えて、利用することが大切だと感じています。

英語を学べる中目黒にある学童保育コース

中目黒にある学童保育コースがあり、質の高い教育カリキュラムを行うサービスがあります。特徴は、小学校などの近隣施設へ車で迎えに行き、16時からはじまる授業の前に英語ネイティブ教師と日本人スタッフによって、宿題のサポートが行われます。19時まで授業があり、夕食も提供されるサービスがあり、最長で21時まで預かり保育が行われます。預かっている親御さんにも安心できる様、スクールに入室した時のお知らせメールサービスや保険への加入もあり、もしものための医療機関との提携なども行われています。夏休みなどの長期休みの時にもスクールが開催されていて、夏休み期間中などにも21時までの預かり保育が行われています。週3~5日が通学限定となっていて英語力とグローバルスキルを学んでいき、様々な能力を引き上げるプログラムが構成されています。勉強だけでなく、室内ではヨガやストレッチ、ダンスなどを行い、室外では公園に出掛けたりと勉強だけでなく、体も動かします。

目黒で共働きなら学童を利用する

共働きと言いますと特別なイメージがあったかもしれません。自営業のため夫婦で仕事をしている場合、生活が苦しいために共働きをしているなどもありました。今は共働きが一般的なスタイルになりつつあります。生活が苦しいから行うのではなく、女性の生き方として仕事を持ちながら子育てを行うスタイルが確立しています。生後1年は育児に専念し、それ以降は保育園などに預けます。目黒で共働きをしている場合は学童を利用することがあります。保育園は生後数箇月の子供から小学校就学前の子供を引き受けてくれます。小学校に上がれば小学校で見てもらうことになります。しかし小学校は授業中のみで、授業が終われな関与してくれません。そこで学校が終わった後に一定時間まで預かってくれる施設になります。こちらを利用することで、帰りが遅い共働きもできるようになります。

公開日: