目黒の学童知識labo

知って得しよう!目黒の学童についての情報満載!

*

目黒で平日の夕方まで学童が預かってくれる

会社で正社員として働く場合、毎日一定時間仕事をする必要があります。パートタイマーなら好みの時間を決めてその時間だけ仕事をすることができます。午前中のみ、午後のみ、1時間だけなどもできるでしょう。しかし正社員となると会社の就業規則に定められた時間働く必要があります。多くの会社では朝の9時ぐらいから夕方の17時から18時ぐらいまでになります。帰るのはそれ以降になります。目黒で小学校に通う子供がいて共働きをしているときは学童を利用します。預かってくれる時間としては、学校の授業が終わってから夕方までになります。それぞれの施設によって時間は異なりますが、17時ぐらいまで、18時ぐらいまで、それ以降に対応してくれるところもあります。保育園だと24時間対応してくれるところもありますがそこまでは行ってくれないでしょう。夕方までがメインです。

目黒の学童ではおやつなどが出される

育ち盛りの子供はどんどん食べなければいけません。一日活動すればおなかをすくこともあるでしょう。親が管理する場合は子供の状況がわかるのでそれに合わせて食事の用意などをすることができます。しかし外部に依頼する場合はどのように食事をしているのかわからないことがあります。学校の場合は給食の献立などがあるのでそれを見て食事の状況などを知ることができます。目黒で学童を利用する場合に食事などは用意されているかどうかです。おやつとして用意されている場合があり、子供たちはそれを食べることができます。公平になるように出してもらえますからトラブルなどが起こりにくいようになっています。自宅だと好きなだけ食べたり飲んだりできる場合がありますが、外部利用の場合は、ある程度管理をしてくれているので食べ過ぎなどはないでしょう。

目黒の学童でホールがあるときはホールで遊べる

晴れているときは外で遊んだりすることができます。しかし雨が降っていたり暗くなってくると外で遊ぶことはできません。自宅内などで遊ぶことになります。あまり遊ぶ場所がないと子供の活動も少なくなる場合があります。今はテレビゲームなどがたくさん出ているためどうしても部屋の中で遊ぶことが多くなるかもしれません。できればもっと活発に動いてほしいと考えることがあります。目黒の学童ではホールが設置されているところがあります。その場合はホールで遊べるようになっています。必ずしも大きなところではありませんが、ちょっとしたボールを使った遊びをしたり、走ったりすることができる場合があります。外で遊ぶよりは活動的でないこともありますが、部屋の中でじっとし続けているわけでもありません。梅雨の時期や冬になると室内にいることも多いので、活動場所の確保が必要になります。

公開日: